農業生産法人 さかうえ > さかうえの理念 > 経営理念

経営理念

“さかうえ”は、経営理念のもと、「哲学」「環境」「経済」の3つの領域で調和がとれた「農業価値」を創造することで、常に顧客・地域・社会の期待に応え、持続的に発展する企業を目指しています。

当社事業の源であり、3つの調和のもとになる“有機物の循環”を実現する「契約栽培事業」「牧草飼料事業」の主力分野を成長させていくとともに、密接に関連する「農業経営IT化事業」「BtoC事業」に注力し、新たな農業価値を創造していきます。

 また、新規事業においては、これまで培ってきたノウハウと研究開発の成果を生かして、他分野の企業との提携を積極的に進め、「JV形式での農場展開」「中小企業向けIT管理サービス」の全国展開を図ってまいります。

“さかうえ”は、こうした事業の進展において、絶えず「計画力」と「品質力」に磨きをかけ、常に「絶対納品」「顧客の期待以上の商品・サービス提供」を追求し、お客様に満足いただき世の中の課題を解決することが当社の使命であるとの考えを継承し、さらに進化していく企業姿勢を貫いてまいりました。

今後、ますます農業に対して社会的な役割が求められますが、“さかうえ”は、人類が長年に渡って見出してきた農業の持つ無限の可能性をさらに引き出し、これらをより高度化して、「哲学・環境・経済」分野を融合した農業ビジネスを深化させていくことで、永続的な企業活動を展開してまいりたいと存じます。

そして、世の中にもっと役立つために――――
前述した理念を共有し、農業価値を創造できる起業家を輩出する環境整備も“さかうえ”の新たな使命だと位置付けております。“さかうえ”は、農業分野における「社長育成企業」のパイオニアになることを中長期的な視野に入れ、社員の成長を促し、経営者として自己研鑽できる人材を生みだしてまいります。

経営理念